地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、豊橋・田原の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

豊橋・田原の地域情報サイト「まいぷれ」豊橋・田原

情報版・まいぷれ!

貝と光の幻想的な世界へPart1

今回紹介するのは、今テレビやSNSで話題の隠れスポット「貝と石のテーマパーク 竹島ファンタジー館」です。

 

竹島ファンタジー館とは・・・世界110ヶ所から集めた、大小の5500万個の貝で作られたテーマパークです。

竹島ファンタジー館のココがすごい!

1 オブジェや小物は全て貝殻で創られています。


2 ファンタジー館の仲間達と一緒に4ヶ所のミニシアターを見ながら海底冒険を楽しむことできる。

 

3 どの場所でも撮影してもSNS映え100%です。

 

4 通路がガラス床になっているので、上と下の海底世界を楽しめます。

 

5 三河弁を使ったナレーションが面白い!

竹島ファンタジー館全体の写真

竹島ファンタジー館の外

竹島ファンタジー館の入り口

 さあ!いよいよ世界から集められた5500万個の貝と光とファンタジーの世界を楽しんできます!(^o^)

中に入るまでがとてもドキドキ!

幻想的な竹島ファンタジー館の館内へ

幻想的な海の世界

竹島ファンタジー館の館内に入ると、外とは全く違う景色です。

一瞬でファンタジーの世界に迷い込みました(笑)

 

最初に見た時に蒲郡にこんなスポットがあったとは...と驚きました。

 

テレビやSNSで写真を見て、私もここで写真を撮りたい!一度は行ってみたいな~と思い訪れました。

 

スタンプラリーも開催中

スタンプの説明

(1)館内では、スタンプラリーも開催中です。A~Eコーナーのどこかに絵本のキャラクターが隠れています。

 

(2)見つけたら「Aコーナーにはあの子」「Bコーナーにはこの子」」と記憶してゴール☆

 

(3)最後にまとめてスタンプを押す「記憶型」のスタンプラリーになっています。

 

(4)全部見つけて正解をすると景品がもらえるよ!景品は来てからのお楽しみ♪

ミニシアターを見て海底を冒険をしよう!

上映時間の説明

スクリーンに映し出される「ミシェルとガマゴー」

竹島ファンタジー館のミニシアターでは「ミシェルとガマゴーの海底大冒険」が上映されています。

 

「ストーリー」

不思議な貝の国にたどり着いたミシェルとガマゴーが、伝説のミラクルエッグを求め、海底で色々な出会を重ねながら大冒険を繰り広げる、オリジナルストーリーです。お話は4つのエピソードに分かれて上映されています。

 

オリジナルキャラクターのミシェルとガマゴーと一緒に4ヶ所のミニシアターを見て謎を解いて海底冒険を楽しんでください。

 

ちなみにオリジナルアニメで登場するドラゴンはバリバリ三河弁をしゃべります!

左:ミシェル 右:ガマゴー 

フォトスポットもあります!

フォトスポット

ここでは、竹島ファンタジー館のキャラクター「ミシェル」と「ガマゴー」と一緒に記念撮影ができます。

 

私はその時、一人だったので、撮影できず(笑)諦めました(^^;)

トゥインクルドリーム(光の柱)

トゥインクルドリーム

リニューアル前はカラフルな柱でしたが、リニューアル後の今では、青色に統一し神秘的な雰囲気に変わっています。

 

撮影の仕方を少しでも変えると下の画像のように一味違う写真にもなります。

 

私のオススメのフォトスポットです(^^)

トゥインクルドリーム1

トゥインクルドリーム2

トゥインクルドリーム3

貝殻で作られたオブジェ

貝殻で創られたオブジェ

貝殻で創られた人魚姫1

貝殻で創られた人魚姫2

イタヤガイ

セムシウミウサギ

貝殻で創られた亀

これ・・・全て貝殻で作られているんです。

 

私も気になって近づいて見たら、本当に細かいことろまで、いろいろな貝殻を使って表現されていて、凄かったです。

 

考えてみると、これを作るのに何時間かかったんだろう...とおもいます。素人の私には当然無理です(笑)

 

貝殻で作られたオブジェは細かいところまで見応え抜群です。

 一度訪れた時は近づいてオブジェを近くで見てください!

 

自分で貝殻を使って簡単なオブジェを作ってみよう!などのイベントやワークショップがあれば、もっと面白くなるのではないかな?と思いました。これからに期待です。

元カリブ海の女海賊 ボン・リード

元カリブ海の女海賊 ボン・リード

竹島ファンタジー館のシンボルでもある元カリブの女海賊「ボン・リード」さんです。

 

 

600種類28万個の貝殻とサンゴで造られた宇宙船

貝の壁画(宇宙船)

なんとこのバンブーアイランド号(宇宙船)は約600種類28万個の貝とサンゴで作られたそうです。

 

貝とサンゴだけでも宇宙船を細かく、忠実に再現されています。

3画面を使用したミニシアター

3画面を使用したスクリーン

レジェンドホールでは、2つ目のミニシアターを見ることができます。

 

3画面のスクリーンを使用しているので、大迫力です。

 

2つ目の場面では、ミラクルエッグの謎を解く重要な場面になっています。なので、見逃さないように!

 

1円玉よりも小さな貝を見ることができます。

クサイロカノコ

クリイロヘソカド貝

キリオレ類

アラウズマキ

チョウジ貝類

私も早速覗いて見ることに...おお~すごい!

ルーペを使っているので肉眼では見れますが、写真だと伝わりにくいですね(泣)

 

訪れた時は一度、覗いてみてくださいね!

おや...何かキャラクターがいるでは....

 

さて次のエリアーはいよいよお待ちかねの竹島ファンタジー館の超人気SNS映えスポット!と言いたいところですが、part2までお楽しみください♪

 

最後まで特集をご閲覧いただき、ありがとうございます。この記事がいいと思ったらいいね!をよろしくお願いします。

 

【動画】

竹島ファンタジー館の動画

 特別入館割引価格

 

特別入館割引
  通常価格 割引価格
大人 1,000円 800円
シニア

800円

650円
小人

500円

400円
幼児(3歳児) 300円 250円
障がい者割引 200円引き 300円引き

 

※この画面をスマートフォンで表示したものご提示ください。割引価格の値段になります。

 

アクセス

 

名所 竹島ファンタジー館
住所 愛知県蒲郡市竹島町28-14
電話番号 0533-66-38888
営業時間

3月~6月

9月~10月

9:00~17:00

7月~8月 9:00~17:30

11月~2月

9:00~16:30
定休日 水曜日
駐車場 100台
HP

http://www.fantasykan.jp/

人気のキーワード