地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、豊橋・田原の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

豊橋・田原の地域情報サイト「まいぷれ」豊橋・田原

東愛知新聞

東愛知新聞5月25日 本日の新聞紹介

5月25日収穫分

新着ニュース(5月25日付)

総おどり・新曲「新 鬼祭り」導入 10月15、16日開催

豊橋まつり振興会の総会で概要決まる

新曲について説明する菅原さん=豊橋市役所で
新曲について説明する菅原さん=豊橋市役所で
 豊橋まつり振興会(会長・佐原光一豊橋市長)の総会が24日、豊橋市役所で開かれ、今年の「ええじゃないか豊橋まつり」の概要が決まった。開催日は10月15、16の両日。メイン行事「総おどり」は、新曲「新 鬼祭り」を導入する。目標の参加者2万人を達成したことから、まつりプロデューサーの映画監督・菅原浩志さんは「新たな息吹を入れたい」と説明した。市制施行110周年記念イベントも盛り込まれた。
(中村晋也)

 まつりは今年で62回目。15日夜の総踊りは中心部の駅前大通り、広小路通り、萱町通り、松葉公園を会場とする。新曲の原曲は、三沢あけみさんが1964(昭和39)年に歌った「鬼祭り」。豊橋出身の作曲家・馬飼野康二さんが現代風に編曲した。
 菅原さんは「豊橋の文化が詰まっているので基本的に歌詞は変えず、♪ええじゃなか、ええじゃないか、鬼祭り♪を入れたぐらい。簡単な振り付けにするので多くの人に覚えてもらいたい」と話し、テンポの良い曲を披露した。
 今年は昨年の2万1007人を上回る史上最多を目指し、参加者を募る。
 踊り会場では、生歌でのライブを行うほか、昨年同様に外国人にも参加を促し、踊りやすいよう会場にはお立ち台を設置、模範踊りを行う。
 今年も2日間は、総踊りやパレード「豊橋パレカ」の会場でフェイスペイントシールを配布。ペイントブースも増設する。
 110周年記念イベントとして、16日、豊橋駅に近い穂の国とよはし芸術劇場プラットで「ええじゃないか 天才クイズin豊橋」を開催。豊橋駅東西自由連絡通路では、10月1日から16日まで「花のまち豊橋」のPRイベントを開催する。

熊本地震教訓に施策を検討 防災計画など反映
   若手グループ立ち上げ・豊橋市地震防災対策推進会議

観光資源生かし地域活性化 豊川市観光協会が総会
   小学生体験談募集や砥鹿神社特別参拝ツアーなどを決定

経営の悩み無料相談 8人のコーディネーターが対応
   愛知県よろず支援拠点「豊橋サテライト」を開所

研さん重ね見事合格 建築大工技能士の合格証書交付式
   豊川市の東三河高等技術専門校から9人

「悔いのないレースを」今井選手や長谷川選手が抱負
   リオ五輪の水泳競技日本代表ら大村知事を表敬訪問

市内で交通死亡事故相次ぐ 豊橋市が交通事故多発警報発令・1年ぶりに

爽やかな甘さイエローキング 生育も良く大玉傾向
   田原露地メロン部会が「めぞろい会」・JA愛知みなみ

初めは白色「あじさいの里」 6月1日から祭り・蒲郡の形原温泉

PICK UP 豊橋・田原のお店 ~グルメ~

  • 赤から 田原店

    赤から 田原店

    田原市田原町倉田6-3

    [ 焼肉、鍋料理、居酒屋 ]
    赤から鍋と、田原店限定の焼肉メニュー! 個室完備で女子会にも!

  • 飛騨路

    飛騨路

    豊橋市札木町47

    [ 和風居酒屋 ]
    リーズナブルな居酒屋。とくに飛騨の郷土料理、地酒が充実!

  • ホンモロコ佃煮の三琶堂

    ホンモロコ佃煮の三琶堂

    豊川市国府町中道12-1

    [ ホンモロコの生魚・佃煮販売 ]
    東三河の新しい名産品。ご贈答に、高級食材「ホンモロコの佃煮」

  • Dining Bar Twin-B(ダイニングバー・ツインビー)

    Dining Bar Twin-B(ダイニングバー・ツインビー)

    田原市池尻町向山139-1

    [ ダイニングバー(バー・洋風居酒屋・カラオケ・ビリヤード) ]
    田原市のバー。居酒屋並みのメニュー、カラオケやビリヤードも!

  • Cafe・Au・Repos(カフェ・オ・ラポ)

    Cafe・Au・Repos(カフェ・オ・ラポ)

    豊橋市東幸町字長山36-2

    [ 喫茶店(モーニング・ランチ) ]
    みんなに愛されるお洒落な喫茶店。モーニングもランチも充実!

  • 大木屋鮨

    大木屋鮨

    豊橋市新本町45

    [ 握り寿司 ]
    明治40年に創業。地元の魚を握り続けた伝統の鮨店